2021年7月18日日曜日

まことの羊飼い

 「飼い主 我が主よ 迷う我らを 若草の野辺に導きたまえ・・・我らは主のもの 主に在りて生く」この讃美歌を歌うと詩篇23篇が思い起こされる。 

 まことの牧者である主イエスは飼い主のない羊の群れのような群衆を目の前にして深く憐れんでいる。彼らは、もはや自分が羊飼いを必要としている羊だということすらわからなくなってしまった人々であり、どこへ行けば真の平安が得られ、どの方向に進めば本当に自分らしく生きられるのかわからない人々だ。

 そういう私もイエスと言う大牧者に導かれるまでは、迷いに迷った!だが今はどうにかして隣人を案内したい。「主のもとへどうぞー!草も水もありますよ〜」。